2010年05月28日

自公両党、26日に赤松農水相不信任案提出へ(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は25日、宮崎県で感染が拡大している口蹄(こうてい)疫問題について「赤松広隆農水相には口蹄疫を食い止める気迫が希薄で、結果責任も重い」と述べ、26日に衆院に、農水相に対する不信任決議案を提出する考えを示した。公明党との共同提案になる見通し。

【関連記事】
中山元外相、参院選出馬へ きょう自民離党
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏
いま「平成の保守合同」が必要だ
石破氏「首相は民意を軽んじている」
虐待が子供に与える「傷」とは?

口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)
「多摩川の母」逝く…王、長島の成長見守った名物女将(スポーツ報知)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)
将棋最高齢の有吉九段が引退(時事通信)
posted by タグチ フミハル at 19:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。