2010年06月01日

不同意堕胎、容疑の医師「申し訳なかった」(読売新聞)

 東京慈恵会医科大付属病院(東京都港区)に勤務していた医師小林達之助容疑者(36)による不同意堕胎事件で、警視庁は25日、小林容疑者の容疑を裏付けるため、同病院を不同意堕胎容疑で捜索した。

 同庁は、薬剤の保管記録などを押収し、小林容疑者が子宮収縮剤を持ち出した経緯などについて調べる。

 同庁幹部によると、小林容疑者は、女性から妊娠を告げられた翌日の2008年12月31日、担当する患者名で処方せんを作成し、同病院から子宮収縮剤の錠剤を不正入手したという。

 錠剤を飲んだ女性が流産しなかったため、小林容疑者はその後、子宮収縮剤の点滴を投与したとされるが、女性宅に残されていた点滴パックは同病院で使われているパックとは異なっていた。

 当初、「流産は知らなかった」と供述していた小林容疑者は最近、「申し訳なかった」などと述べているが、子宮収縮剤の入手方法などについては詳しい供述をしていないという。

妻の連れ子を殴った父親を逮捕 奈良県警(産経新聞)
地裁敷地で焼身自殺図る=高齢男性が重傷―神戸(時事通信)
代替滑走路8月末にも工法決定=日米合意文書に期限明記へ―普天間(時事通信)
【知の先端】奈良先端科学技術大学院大学教授・高橋淑子さん(産経新聞)
「地獄に突き落とされた」=原告ら、国の控訴に抗議―石綿国賠訴訟(時事通信)
posted by タグチ フミハル at 17:39| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。