2010年02月15日

<防衛交付金>使途ソフト事業にも 政府、法改正案提出(毎日新聞)

 政府は9日、米軍や自衛隊の施設を抱える市町村向けの「特定防衛施設周辺整備調整交付金」について、道路や学校建設などのハード事業に限っている使途を、医療費助成などソフト事業にも拡大する関連法改正案を閣議決定し、国会に提出した。同交付金は「事業仕分け」の際、「使途をより自由にし、使い勝手をよくすべきだ」と指摘されていた。

 政府は同交付金を、ジェット機が発着する飛行場や砲撃演習場、大規模弾薬庫など生活環境への影響が大きい「特定防衛施設」がある104市町村に支出しており、10年度予算案には139億円を計上している。法改正により、10年度から小学生以下の医療費や妊産婦検診費、福祉バスの運営費、学校の耐震化診断費などにも使えるようになる。【仙石恭】

【関連ニュース】
衆院予算委:公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否
衆院予算委:鳩山首相、政治とカネ問題「根を絶つ」
平野官房長官:個所付け事前通知で陳謝
個所付け:民主党の県連通知に野党が一斉反発
節分:鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ

書の甲子園 埼玉・松山女子高に優勝杯(毎日新聞)
「検察の暴走、別件逮捕だ」 民主・福田氏が石川被告捜査を批判(産経新聞)
「市町村負担金」廃止を=原口総務相(時事通信)
多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
<ユネスコ協会連盟>優遇申請怠る 寄付者、控除受けられず(毎日新聞)
posted by タグチ フミハル at 19:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。