2010年06月11日

政調復活、二元政策決定の回避が狙い(読売新聞)

 菅新首相が民主党に政調会長ポストと政策調査会(政調)を復活させ、政調会長に閣僚を兼務させるのは、党内の政策論議を政府に反映させやすくすると同時に、政府と党で二元的な政策決定が行われる事態を回避する狙いがある。

 民主党は野党時代、政調を主な舞台に法案の審査や議員立法に取り組んだが、昨年の政権交代後、「政策決定の内閣一元化」を旗印に、小沢幹事長らの強い意向で政調を廃止した。

 新たな仕組みとして、政府側も参加する「各省政策会議」などを設けたが、政府に入らなかった議員からは「政策決定に関与できない」との不満が出た。

 党幹事長室に権限が集中することへの批判も強く、菅氏は党代表に選出された4日の両院議員総会の政見演説で「政調を相談の上、復活したい」と述べ、新政権では政調を復活させる意向を示していた。

新首相動静(6月6日)(時事通信)
<口蹄疫>農水省チームが現地で疫学調査(毎日新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
菅新首相が初会見、「人事すべては全くの白紙」(読売新聞)
<ハンセン病>教訓を政策に…3省の合同検討チーム発足へ(毎日新聞)
posted by タグチ フミハル at 13:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

6万もらったら即行でホテルに連れ込まれたぞ!!!
しかも洗ってない俺のくっさ〜いチ ン ポにパックンチョwww

なんだかんだで5回くらいイかされたしな!!
オレも性 欲強いほうだけど、こんな女にゃ勝てねぇよ!!wwww
http://cybersyndrome.info/pan/hvxxuexy/
Posted by 絶倫のオレが完全敗北www at 2010年06月15日 05:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。